【鹿児島のアロマスクール】猫の訴え②

2019/06/23 ブログ インフォメーション
猫の訴え②

 

前回の続き・・・・

前回のブログはコチラ

 


もしかすると犯人はルーク??
彼は父のことが大好きな猫である。寝るときも傍から離れない。
ハゲ頭をグルーミングしたり、寝かしつけの天才である。

 


父が昨年3ヶ月の入院生活を乗り越え、退院して帰宅したとき
喜びをあらわにしたのはルークだった。あのときの喜び様には
驚かされた。

 


考えるに、父のベッドは二人の憩いの場。
そこに母が割りこんだ。しかも、父不在の間に。
憩いの場を取られると感じたルークは
何が何でも死守しなければ!!

 

 

母を追い出す作戦として、おもらし攻撃に出たのではないか?


猫と暮らしている方はおわかりだと思うのだが、猫の心はとても繊細なのだ。

 

 

父が突然いなくなり、週二回リハビリ訪問のお兄様も訪ねて来なくなった。
お兄様はルークにとってお気に入りの男性。
これはルークにとって大きな環境の変化だろう。
ちなみに、ルークは(元)男子。
おかしなことに、女性ではなく、男性が大好き。
私の弟や甥っ子の膝にやたら座りたがる。

 

 

どうして、男性ばかり・・・??
おそらく、匂いと関係がありそうな・・・
見た目ではなく、匂いで好みを判断しているのではないだろうか?

 


アロマで香りの伝わる仕組みについて勉強してきたが、
香りはまっしぐらに脳の大脳辺縁系という部位に伝達される。
そこは本能を司っていて、身体の機能を調節するほか、感情にも影響を
与えている。

 


なので、まず嗅いだ匂いで好きか嫌いかを判断。動物は本能の領域で生きているので
そこが中心となるのだろう。
男性が放つ香りに、ルークが好む何らかの香り成分が存在しているのかもしれない。
それは、今後研究してみたいと思う。

 


ということで、お客様と語るなかで思い立った策は
父の使用済みの衣服をルークに与えてみる、ということだった。
父の匂いに包まれると、心が穏やかになりおさまるのではないだろうか?

 


考えてみれば、父の寝具はすべて取り除かれ、母寝具に変えられている。
そこには大好きな落ち着く香りはもはや存在せず、心の行き場を
失い孤独が募るルークの姿が浮かぶ。

 


あ~~、ハイジさんになった気分。

 


ルークよ!君はさみしかったんだね!
気付かずにごめんよ!!

 


猫に気付かされたことがもうひとつある。
父の入院で母や私の心や身体にも影響が出ていることを猫はキャッチ
していたに違いない。心のささくれがぞんざいに扱っていたとすれば
猫を叱る権利はない。

 


心を新たに、猫たちとのコミュニケーションを深めたいと思った。

 

 

ps. 粗相改善プロジェクト経過をご報告したいと思います。

 

 


アロマでセルフケアしてみたいと感じている方は
学んでみませんか?

aroma-aromaセラピストスクール

 


----------------------------------------

New!!


【8月スタート】アロマセラピスト資格対応コース受講生受付中!!

 


---------------------------------------


New!

アロマテラピーアドバイザー資格対応コース受講受付中!!


----------------------------------------


New!


アロマテラピーインストラクター資格対応コース受講受付中

<3月受験対応>


---------------------------------------------


アロマテラピーアドバイザー認定講習会受講受付中

<6/30> 残り空席1名様

 

---------------------------------------------


【入荷】夏のクールなアロマ商品<季節限定>

 



まぐまぐメルマガ登録↓↓

 


■□■ご予約・お問い合わせ■□■


aroma-aromaセラピストスクール
鹿児島市谷山中央8-11-23
099-269-7171
aroma@naturalc.net
http://naturalc.net