【鹿児島のアロマスクール】カモミール救出!!

2020/02/23 ブログ インフォメーション
カモミール救出!!

パンジーの植え付けをしたとき、以前から気づいてはいたのですが
他のプランターのあちこちからジャーマン・カモミールが発芽していました。
昨年のこぼれ種が冬を越したのだろうな~~。

 

 


ジャーマン・カモミールは元気がない植物の傍に植えると、元気づくことから、『植物のお医者さん』と言われているのをご存じでしょうか?

 


踏まれても踏まれても空に向かってぐんぐん育つたくましさを持っています。
花は小さな白い小菊ですが、どこにそのような力を持つというのでしょうか?

 

 

↑昨年咲いたジャーマン・カモミール


お花をフレッシュなままハーブティーにして飲むと、爽やかな甘さで口当たりもマイルドです。消化器系の不調を整えてくれるといわれています。

 


精油は独特のアズレンブルーという青い色をしています。
香りは、ん~~~かわいい小菊からは想像できない感じ・・・^^;;;

 


しかし、薬理効果はすばらしく、ブルーの成分カマズレンが
抗炎症作用を持っています。カマズレンは現在アズノールという
うがい薬にも含まれ処方されています。

 


アロマテラピーでは、のどの痛みに吸入法や、カサカサお手手にハンドクリームとして活用されています。

 

そんな、ジャーマン・カモミールは私の大好きなハーブの一つ!!

 

 

あ、そうそう、カモミールは他にもローマン・カモミールという種類もあります。
ちなみに、ハーブティーで飲まれることはほとんどありませんし、色はほぼ無色。抗炎症作用もほとんど示しません。

 

 

ローマン・カモミールについてはコチラ

 

 

しかし、精油の香りは甘いリンゴのような香り♪
リンゴじゃないという方もいらっしゃいますが・・・
ジャーマン・カモミールとは正反対の香りです。
働きは、鈍い痛み、特にお腹の痛みを和らげてくれるといわれています。

 

 

リラックス作用に優れているため、芳香浴やアロマトリートメントにも
人気が高い香りです。

 

 

で、植え替えの話に戻ります。
ジャーマン・カモミールの葉は線香花火に似ています。
なので、すぐに目に付きます。大きさは2㎝から5㎝と
まちまちでしたが、すべて救出!!

 

 

プランターに植え替えました。
一列に整列^^
根付いてくれるまで慎重にお世話していかねば!!

 

 

うまく成長してくれたら、5月かわいらしい花を咲かしてくれるはずです。
今後も成長をご報告していきたいと思います。
お楽しみに♪


-------------------------

 

\感染症予防に!/

【随時受付ます☆】

アロマハンドジェル作りませんか? 

 

--------------------------

 

【空席あります!】

春はアロマクラフトが楽しい♪

アロマジェルキャンドル作ってみませんか?↓

 


--------------------------


アロマテラピーインストラクター資格対応コース受付中!!

 


-------------------------

 

アロマテラピーアドバイザー資格対応コース受付中!!

<まだ間に合う!5月受験>


---------------------------

 

期間限定!!春のアロマ新商品!!

\さくらシリーズ登場/
 


------------------------


アロマでセルフケアしてみたいと感じている方は
学んでみませんか?

aroma-aromaセラピストスクール

 


----------------------------------------

 

aroma-aroma通信メルマガ登録↓↓

 


■□■ご予約・お問い合わせ■□■


aroma-aromaセラピストスクール
鹿児島市谷山中央8-11-23
099-269-7171
aroma@naturalc.net
http://naturalc.net